2005年12月09日

この胸いっぱいの愛を

この胸いっぱいの愛を

映画のCMを観た限り、悲しい話なんだろうなと思いつつ読み始めました。

ところが5組の登場人物全員がハッピーエンドだったので

読み終わった後はすがすがしい気持ちになりました。


誰でも一度や二度は後悔したままひっかかってる「あの時」をやり直したい

という気持ちがあると思います。その願いが叶い、悔いがなくなる(それにより

今までの運命が変わってしまうのはいいのかな、と今さら道徳心がでますが)

ならもう少し楽に生きていけると思いました。

けど、実際にそんな機械が世に出回ったら怖いし、私も多分使わないので

やっぱり物語の中だけだな。


・・・・もしうっかり(自分の意志じゃなくてね)戻れたら中学時代に戻って

飼っていた小鳥をもっと大切にしてあげたかったな。




posted by シロ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。