2005年09月28日

ラッシュライフ

ラッシュライフ

先日、彼氏にオーデュボンの祈りを貸しました。
おもしろかったと言ってたので今度はラッシュライフを貸そうと
久しぶりに手にとりました。

そしてなんとなくページをめくると
またもや、とまらずに読み始めてしまいました。

この本は2度読むことをおすすめします!

傲慢で拝金主義者の画商
独特のこだわりをもつ泥棒
野良犬と仙台の町をさまようリストラ男性
お互いの配偶者の殺人を画策するサッカーとカウンセラー
新興宗教の教祖の解体に立ち会わされる青年

バラバラの5つの話が最後にぴったり、本当にぴったりはまります。
2度目に読む時は「おぉ、ここでもこれとつながってたか!」
とまた感動します。

私にとって伊坂幸太郎さんは推理小説をジグソーパズルに
例える気持ちを初めて実感させてくれた作家さんです。
しかも読んだ後ちょっとすかっとするところも好きです。
posted by シロ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7471646

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。