2005年10月05日

弟ができた新米お姉ちゃんへ

いとこに2人目の赤ちゃんが生まれました。

きっと生まれてきた赤ちゃんには

たくさんの人がお祝いしてくれると思うので

私は上の子へ、お姉ちゃんになったお祝いに絵本を贈りました。

本屋でどんな本を贈ろうか悩んだ末、決めたのは「しゅくだい」。

しゅくだい


■おはなし

やぎのめえこ先生が、生徒のみんなにいいました。


「みなさん、きょうのしゅくだいは“だっこ”です。

おうちのひとにだっこしてもらってください。」


みんなの前では「やだ〜」って言っていた

もぐらのもぐくんは、急いでおうちに帰りますが、

おかあさんは赤ちゃんのお世話に大忙しでかまってくれません。

でも夕ご飯のときにしゅくだいの話をすると・・・・・。



私は長女だけど年子だったので

「お母さんを取られた!」

という寂しい記憶はまったくないのですが、

この本を立ち読みした時はあったかくて本屋で泣きそうになりました。


これは子供へ、と同時に親御さんへのメッセージの方が

強く感じました。

2人ともみんなからたくさんだっこしてもらえますように♪

posted by シロ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。