2005年07月20日

オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り

伊坂幸太郎さんの本です。

同著者の「陽気なギャングが地球を回す」を読みたかったのですが

売っていなかったので代わりに買ったのがこの本です。

内容(「BOOK」データベースより)
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?

「え?カカシが殺される?大丈夫?この話。」と不安に思いながら

読み始めたのですが最後まで読み止まりませんでした。

ありえない世界なのにぐんぐん引き込まれてなんの違和感もなくなり、

カカシに愛着さえ湧きました。他愛もない出来事1つ1つにちゃんと

意味があって最後にどんどんつながっていくのが快感です。

ただ、登場する悪者が本当にみんな悪いんです!

読んでいるとすごく暗い気持ちになります。

こんな人が本当にいたら、と思うとけっこうヘコみました。

でも、悪者がそのままのさばって終わらないので後味は悪くないです。

今度は「ラッシュライフ」を読もう。
posted by シロ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

図書館の神様

図書館の神様

主人公の女性、清(きよ)はまっすぐに進む事、正しい事を一番とし
その強い正義感ゆえに仲間を死なせてしまった事で立ち直れずにいる。
そんな時、講師として赴任した高校で文芸部の顧問になり、
唯一の部員、垣内君との交流で前向きになっていく。

ちょっと大人気ない講師と、そんな彼女と真剣に温かく接する生徒、
・・・・・高校生の男の子ってこんなに大人か??という疑問も
ありましたが、二人のやりとりにほんわかした気持ちになりました。

私は清みたいに強い信念もないし、鈍感なので知らないうちに人を
傷付けていたらどうしよう、と「ただ、人を傷つけないように」だけを
気にしています。

「人を傷付けない」と言うと聞こえがいいですが、正確には
「自分の言動で人の人生が変わらないように」いつも願っています。
自分のせいで誰かの人生が変わってしまう事が、もしかしたら自分も
清のようになってしまう事が物凄く怖いんです。

けど、私と一緒にいても、悪くもならないけど良くもならない。
人が間違ってても注意できない、誰かが物を落として壊しそうになっても
手を差し出せない、誰かがケンカしてても仲裁に入れない・・・・。

心のどこかで「私がこの場にいなかったと思えば同じでしょ?」
と思っていました。自身で「いないと思って。」と思っている
あたりがかなり後ろ向きです。

垣内君も過去に苦い思い出があって臆病になっているところが
あるのですが、それでも、一人の人を立ち直らせる力を持っていました。

私は相変わらず、事なかれ主義な性格は変われないと思うけど
意識して「何かあったら動かなきゃ」って気持ちでいようと思いました。

とりあえず、ケンカの仲裁からかな?
posted by シロ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか

本屋で超気になってつい買ってしまいました。
これは会計の本だったのですが、会計の知識より

なぜ、さおだけ屋はつぶれないのか?
なぜ、郊外の有名でもなく安くもない高級フランス料理店が潰れないのか?
なぜ、商品を完売したら社長におこられたのか?

など、「え?ほんとになんで?」と思う疑問の答えがさらりと
書いてあり、読んでて感心してしまいました。

なんで潰れないのかを知りたいあまり、ざっとしか読んでいないので
会計の知識は付いてませんが、もう1度読み直してあわよくば会計の
こともちょっと知りたいと思っています。

posted by シロ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。